崩れにくいベースメイクとは?

必ず、化粧水を沢山顔につけてから乳液をつけましょう。
仕事中、外出中に化粧が崩れてきたらせっかくの化粧も台無しです。
一日中、肌の疲れを見せない為にも、しっかりとベースメイクの基本をマスターしましょう。

ベースメイクで必要なことは、下地クリームを使う事。
色も自分の肌よりもワントーン明るいものを使いましょう。
塗り方は、パール粒の大きさを手の甲に乗せ、人差し指で
おでこ、鼻の頭、顎、左右の頬に4か所ぐらい載せます。
これをする事で肌に無理なく均等に下地クリームを伸ばすことが出来ます。

この時のポイントは、両手をこすり合わせて温めた指で伸ばす事と
顔の内側から外側に向けて伸ばすようにしましょう。
下地クリームが乾いたらティッシュで顔全体にかぶさるように軽くふきます。

ファンデーションでも、種類によって使い方が違うのですが、
ここでは、乾燥肌向けのリキッドファンデーションの使い方を説明します。

リキッドは、色も種類も豊富なので自分に合ったファンデーションを見つけやすいとも言えます。
塗り方は、乾いた下地クリームの後にリキッドクリームを
おでこ、鼻頭、両頬とパール粒ぐらいを手の甲にとり伸ばして塗ります。
ファンデーションをつける前に必ずコンシーラーで目の下、小鼻、口角を事前にカバーしましょう。

最近は、ルースパイダーも人気があります。
リキッドに使いあきたという人、合わない人は、ルースパイダーにチャレンジしてもいいですね。
テカリ、化粧崩れを長時間防いでくれ、滑らかに仕上がります。

しっかりベースメイクをマスターして化粧崩れのないツヤツヤ肌を目指しましょう!